遊星歯車、増減速機、変速機、アクチュエータのマテックス株式会社

新製品開発

New Product

  • Home
  • 新製品開発

サイクロイド方式
トシュテック減速機(type-c)

遊星減速機は様々なメリットがある一方、減速比を大きくしようとすると複数の遊星減速機を組合せる必要があるため、幅が広くなってしまうという課題がありました。

そこで同じ幅サイズでもより高減速比が実現可能なサイクロイド方式を採用し、従来よりも小型で高減速を実現した【トシュテック減速機(type-c)】を開発致しました。

用途
小型ロボットモジュール、サービスロボット、小型モビリティー
減速比: 1/30(別減速比も可)
本体サイズ: 最大外径φ79×幅37.8 
減速部 φ63×幅37.8
許容入力回転数: 3,000 rpm
許容出力トルク: 12Nm
重量: 約540g 
効率: 75%
入力回転数3,000rpm、出力トルク12Nm時

10,000rpm ハイスペック遊星歯車減速機

10,000rpmの高速回転に対応するまさに「ハイスペック」な遊星減速機です。
従来の遊星減速機では3,000~4,000回転が入力回転がMAXでしたが更なる高速回転領域であっても対応可能なハイスペック遊星減速機を実現。

マテックス遊星減速機の「コンパクトかつ耐久性に優れる」のコンセプトはそのままに従来製品を材質・加工など抜本的に見直すことによって高回転・高トルク対応・長寿命の遊星減速機を開発いたしました。

これにより幅広い用途で遊星減速機を使用することが可能になり、よりさまざまなご要望への対応ができるようになります。

減速比: 1/4、1/5
最大外径: φ75mm×幅14.8 mm
許容入力回転数: 10,000 rpm
許容出力トルク: 7 N・m
重量: 約250g 
バックラッシ: 1.5~2度
効率: 90%~95%